iPhoneを守る新技術の
ガラスコーティングとは?

ガラスコーディング

iPhoneの修理で最も多いのが、画面のガラス、あるいは液晶が割れてしまったとい
うものです。
当店でも画面修理を承っておりますが、出来れば日頃から画面が割れないようにし
ておきたいものですよね。

iPhone の画面を保護する方法は、大きく分けて 2 通りの方法があります。
まず 1 つ目は、保護フィルムを貼るという方法です。
その名の通り、 iPhone の表面や背面に薄い透明なフィルムを貼って保護します。
これは比較的昔からある方法で、最も一般的かもしれません。
保護フィルムは主にフィルムタイプとガラスタイプ、感触がサラサラしているもの
とツルツルしているものに分かれます。
さまざまな種類の中から、自分の目的に応じて選ぶことができます。

フィルムタイプは、衝撃から守るというよりは日頃使っていてどうしてもついてし
まう指紋汚れや細かな傷、あるいは塗装ハゲなどを防止する目的で使用することが
多いです。

汚れや細かい傷以外にも、落としてしまった時やぶつけてしまった時の衝撃からも
守りたいという場合は、ガラスタイプを使用します。
ガラスタイプは衝撃を受けたときに iPhone 本体のガラスの代わりにフィルムが割
れて、本体のガラスを守ってくれるというものです。

ガラスフィルムは 9H 以上の硬度を持ったものが多く、カッターでこすったり、た
またま落としてしまったりする程度ではほとんど傷がつきません。
価格も安価で、入手しやすいのもメリットです。

ガラスフィルムとガラスコーディング

一方で、ガラスフィルムを貼ったときの厚みや操作感が嫌いだという方もいらっし
ゃるでしょう。
そのような方におすすめしたいのが、ガラスコーティングです。

ガラスフィルムとどう違うのかと思うお客様もいるかもしれません。
簡単に言ってしまえば、このガラスコーティングは「塗る保護剤」です。
専用のコーティング剤を極少量、 iPhone の表面に塗るだけで、表面がコーティング
され、ガラスフィルムに負けずとも劣らない耐久性を得ることが出来ます。

ガラスコーティング剤は開封した直後は液体の状態になっていますが、塗ると水分
と化学反応を起こし、徐々に硬化していくのが特徴です。
塗った直後は 4Hほどの硬さですが、 1 週間も経つとガラスフィルムと同じ 9H ほ
どの硬さになります。

塗るだけで本当に保護されるのかと思うかもしれませんが、何も保護していない
iPhone に比べ、ガラスコーティングを施した iPhone は強度が増しているという実
験結果が出ています。
見た目はほぼ変わらないにも関わらず、カッターを滑らせても、叩いても落として
もなかなか傷がつきませんし、割れません。

さらに、ガラスコーティングはコーティング剤がごく少量のため、全面に塗っても
フィルムよりも薄いのが特徴です。

そのため、フィルムでの保護にありがちな、フィルムを貼ったせいで iPhone ケー
スに入らない、充電スタンドに収まらないといった心配はありません。
当店のガラスコーティングは指紋防止効果や撥水効果も備えています。
保護フィルムを貼るのは嫌だけどiPhone は保護したいという方は、ガラスコーテ
ィングについてご相談ください。

▼当社のガラスコーティングサービスのサイトになります▼